ケアワーカーとは

「ケアワーカー」とは、一般的には「介護福祉士」のことです。 基本、高齢者や障害者の、日常生活である着替えや、食事、排せつ、歩行補助などを主な仕事とします。 介護施設によっては、介護福祉士だけではなく、介護職に就くすべての職員に対しての呼称である場合もあります。

月給は概ね、「介護福祉士」で夜勤がある場合も含めて24万円前後です。 この給与が低賃金と思われる方もいらっしゃるようですが、今後の高齢化社会においては、必要不可欠な人材です。 また、ケアワーカー(介護福祉士)は、実務経験3年以上の場合ですが、4年以上の実務経験者の場合「ソーシャルワーカー」(社会福祉士)と言って福祉の悩みの相談に乗ったりする専門職もあります。 ケアワーカー(介護福祉士)の合格率50%に比べて、ソーシャルワーカー(社会福祉士)の合格率は20%と言われていて難易度は高いのですが、次際に介護の現場で求人が多いのはケアワーカーである介護福祉士です。 実際は、利用者に対して現場でケアをしてくれる人材が不足しているのが現状です。 また、ケアマネージャー(介護サービスの計画書やケアプランを作成する仕事・施設管理者)の資格を取得したい場合も、ケアワーカー(介護福祉士)として、5年以上の実務経験が必要です。 今後ステップアップを図る為にも、ケアワーカーとしての現場での経験と知識は大変必要な事です。

今後は、ケアワーカー(介護福祉士)の上の資格として、「認定介護士」(仮称)と言うものが出来る予定です。 ケアワーカー(介護福祉士)としての実務経験が7~8年以上を想定されています。 すでに、モデル的研修も実施されています。

ケアワーカー(介護福祉士)の存在は、現代社会において、必要不可欠であり、地域医療、高齢者対策の一環として、今後も増やしていく方針にあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ