「介護の資格」の記事一覧

ケアワーカーとは

「ケアワーカー」とは、一般的には「介護福祉士」のことです。 基本、高齢者や障害者の、日常生活である着替えや、食事、排せつ、歩行補助などを主な仕事とします。 介護施設によっては、介護福祉士だけではなく、介護職に就くすべての・・・

認定介護福祉士とは

現在「介護福祉士」の国家試験は、27年度1月の国家試験より、制度が変わることが決定しています。 受験資格として、「実務者研修」が義務付けられることになりました。 これを受けて、今までのヘルパー2級・1級・介護職員基礎研修・・・

初任者研修と実務者研修の違い

平成28年の1月実施予定「介護福祉士」の国家試験から、「実務者研修」が必須となります。 この「実務者研修」とは一体何なのか、疑問に思う方が多いと思われます。 「実務者研修」とは、6か月以上での研修が基本です。 「介護関係・・・

介護の制度改正による実務者研修

“現代社会において、高齢者問題は避けては通れない問題です。 その、高齢者を支える仕事が、「介護福祉士」です。 現在「介護福祉士」は、資格取得の為の制度が、いくつかのルートに別れています。 ① 実務経験3年以上・・・

ケアマネジャーになるまでの道のり

どんな仕事なの? ケアマネジャーは、介護される側と、福祉、医療、保健のサービスとの中を取り持つ役割を担っています。介護対象者へ適切なケアプランを立てることから始まり、各種のサービスの調整とそのチェックを行うのが仕事です。・・・

未経験から介護の仕事に就くには

研修を受けてステップアップしよう! まったくの未経験者が新たに介護職になるには、いくつかのパターンがあります。 まずは、介護施設での求人募集で採用されるもの。施設内研修で介護実習を行いながら、技術を習得していくものです。・・・

初任者研修と実務者研修について

初任者研修とは? 以前からあった介護の資格には「ホームヘルパー2級」「訪問介護士1級、2級、3級」などがありました。 これらの資格が平成25年4月より統一され、130時間の講習を受けることで、介護職員初任者資格が取得でき・・・

介護職の将来性

多くのニーズと安定した収入 介護職についている人の多くは、訪問介護や介護福祉施設で勤務している場合が多いのが実情です。 介護現場では介護保険制度の対象となる介護福祉士と医療保険制度の対象になる医師、看護師の共同チームによ・・・

介護福祉士国家試験実技試験免除について

必要な資格を取得しよう 介護福祉士になるためには、実務者研修を行わなければなりません。 これは福祉系の専門学校や大学、教育機関や通信教育での講座を受講し、6ヶ月に及ぶ過程を修了し、修了試験でパスした場合に得られる資格です・・・

介護福祉士国家試験の受験資格

介護福祉士国家試験は国籍、性別、学歴などが問われない誰もが受験できる試験です。 福祉系短大や専門学校の場合は2年で卒業となりますが、介護福祉士国家試験は「実務3年」の縛りがあります。ですので、2年制の学校に在籍していた場・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ