実務者研修の修了が介護福祉士国家試験に必須!(2015年度試験~)

実務者研修とは?

「実務者研修」とは、介護技術や知識に加え、介護に関わる医療知識も合わせて勉強できる研修です。従来は、医療分野は看護師が中心に行っていましたが、高齢化の進行に伴い高度なスキルを持つ介護士が必要になってきています。

実務者研修のカリキュラムを受講することで自身のスキルアップもできます。また、実務者研修を修了することで医療行為である「吸痰行為」を介護職員でもできるようになります。

2015年度より、介護福祉士国家試験に実務者研修の修了が必須となります。

2013年度からは「介護職員基礎研修」「ホームヘルパー1級」が「介護職員実務者研修」に一本化、ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」へ移行されました。

介護系の資格や実務経験を問わずどなたでも受講は可能です。既にホームヘルパー1級などの介護系資格を取得している方は受講期間が短くなり講習費用も安価になります。

実務者研修講座を探して効率よく受講する!

実務者研修を修了し介護福祉士を目指す

福祉系高校修了者以外の方は一定期間の実務経験を持って介護福祉士国家試験の受験資格となります。

実務経験に加えて、「実務者研修」の受講が必要なので、将来介護福祉士を目指す方は早めに受講することをおすすめします。

また、実務者研修の修了していれば、2014年度試験までの介護福祉士国家試験の実技試験免除の対象となります。

介護福祉士国家試験の受験資格

  • 実務経験3年以上
  • 実務者経験修了

実務者研修の研修の受講時間は450時間ですが、下記の研修をすでに受講している方は実務者研修の一部が免除されます。

  • 「介護職員基礎研修」
  • 「訪問介護員養成研修(1級~3級)」
  • 「介護職員基礎研修」
  • 「その他の全国研修(認知症介護実践者研修、喀痰吸引研修等)」

自分の持っている資格は要チェックです。

実務者研修は必須。早めの対策を!

自分にあった受講スタイルを見つけよう

実務者研修では、通学しながら勉強するスクールと、通信講座とスクーリングを組み合わせて勉強する方法とがあります。

スクールを探す

学校

まずスクールを探す場合ですが、地域別に学校を探すことができます。掲載されている内容は、費用や勉強する期間、近場の駅など様々な情報が載っています。
他の学校と比較・検討しやすいのが特徴と言えます。

また、土日や夜間も開講されているかどうか、給付金制度の有無などの情報も掲載されています。気になった学校はまとめて資料請求ができるため、手間も少ないと言えます。

通信講座を探す

学校

通信講座の場合、かかる費用は様々なのでよく考える必要があります。スクーリングの場所も限られてくることもあります。スクールも通信講座の場合も、詳細を確認できるため安心です。

両方に共通することとして、目指せる資格についても書かれてあります。介護の資格の場合、実務者研修の他にも介護福祉士や社会福祉士など複数の資格があります。

せっかく勉強するのなら、複数の資格を取得するという人もいるかと思います。どのような資格を 取得できるのか確認できるのがメリットと言えます。

この他にも、資格についての情報や、特集記事も掲載されたりと様々なコンテンツがあります。実務者研修について興味を持っている人は一度「BushUP学び」にアクセスして、いろいろと調べてみるのがよいかと思います。

「BushUP学び」で実務者研修(介護福祉士養成)講座を探す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

資産運用